サクラは咲きました

4月17日に告示された伊勢原市議会議員選挙は、24日が投票日でした。

商店会の仲間や地元の皆さまのおかげをもちまして、当選することが出来ました。
また、毎日、中野区から電車で応援に駆けつけくれた幸子さま、感謝ですm(_ _)m

b0216245_22175284.jpg

b0216245_22191969.jpg


b0216245_22195226.jpg



昨年、亡くなった後援会会長で、片町商店会の前会長である洋ちゃんの遺影と供に喜びをかみしめました。

今回の選挙はとても厳しい選挙で、私の周囲500Mに4人の候補者が立候補。
全体でも、定員21名に対して31名の立候補者。
現職18名に、新人13名の激戦。
どの新人が当選してもおかしくないバックグランドをもっていて、
選挙通?の人も票が読めないとこぼしていました。

私は、選挙期間を通して、「災害に強いまちづくり」と「まちの活気を取り戻し、商店街の再生」を訴え続けました。
私の母体は商店会で、若手会員の協力のもと、地元の方々の協力を得て選挙を戦ってまいりました。
支援して頂いた方々に対しては、先ず当選すること。そして、4年の議会活動を通じて、伊勢原市や地元の発展に貢献すること。これが最大の恩返しです。

今、伊勢原市は、転換期を迎えています。
新東名、246バイパスの開通をひかえて、インターチェンジ周辺の土地利用。
伊勢原協同病院の新築移転に伴う、都市基盤整備。
そして伊勢原駅北口の再開発。、商店街の賑わいを取り戻すこと。
伊勢原は鎌倉市に次いで、神奈川県で二番目に多い史跡をもっています。
その豊富な史跡を観光資源として有効に活用すること。
今後の10年、20年先の伊勢原市のあり様が、今問われています。
議員として、伊勢原市の将来のビジョンを示し、提案することが私の務めだと考えています。

選挙期間を通してお世話になった事務所も、これで閉鎖します。

b0216245_22201757.jpg


事務所から見えたサクラは散りましたが、選挙結果のサクラは咲きました。
今後、4年間。一所懸命、生まれ育った伊勢原のためにがんばります。
[PR]

# by oyamamanabu | 2011-04-26 22:12 | 日々雑感  

サクラサク

事務所から見える桜です。
今年の桜は、開花が遅く、5日の小学校の入学式ではまだつぼみでした。
このところの暖かい陽気で一気に咲き誇りました。

満開の桜の下に、選挙掲示板が写っています。

b0216245_6232528.jpg


いよいよ、明日は統一地方選挙後半、市議会議員選挙の告示です。
ここまで来られたのも、いたらない私を支えてくれた方々のおかげです。
このことは、感謝してもしきれない思いです。
今回の選挙は、現職18名、新人13名の31人で定数21議席を争うことになります。
たいへん厳しい選挙を迎えますが、全力で挑みます。
一週間後の投票日は、この桜のように満開の笑みで迎えたいです。
[PR]

# by oyamamanabu | 2011-04-16 06:23 | 日々雑感  

地子連総会に出席しました。

通称、地子連。正式には、伊勢原地区子ども会育成会連絡協議会。
要するに、伊勢原北地区にある子ども会育成会の集合体です。その総会に出席しました。
私は、市議会議員としての来賓の立場と、22年度の会長を務めた関係で顧問と言う両方の立場で出席しました。
現在、子どもの数が少なくなると供に、子どもの生活環境も激変しています。
塾やスポーツ、習い事と子どもの生活は忙しくなるばかりです。子ども会に入らない生徒が多くなりました。
親も共働き世帯の増加で、役員をやらなければならなくなると子ども会を敬遠するようです。
でも、よく考えて下さい。
今の子供の現状は、仲の良い小人数の子供だけで遊んでいます。遊ぶ前にアポをとって、それもゲームをしている。本当にこれでよいのでしょうか。

子ども会は、様々な活動を通して、1年生から6年生までの縦の繋がりが出来てきます。
上級生は、下級生の面倒を見て、下級生はその姿を見て、大きくなった下級生の面倒をみる。
そして、多地域の子ども会との交流の中、縦の線が横の線へと広がるのではないでしょうか。
さらに、地域のお祭り等に参加することにより、地元の人たちとの触れあることが多くなる。面のつながりへと広がってきます。

3月11日におきた震災。一つの町がまるごと津波に飲み込まれるという悲劇に襲われました。
町役場が被災したということは、その中で管理されていた住民基本台帳も失われたことになります。
そのことは何を意味しているのでしょう。行政は、誰がどこに住んでいたかわからないということです。
その中で、地域のつながり、顔の見える付き合いが重要になってきます。
地域の子どもは、地域で育てる。この環境づくりが、災害に遭遇した時には、子どもたちの精神的ケアも含めた中で、子ども会の存在が重要になってくるのです。
[PR]

# by oyamamanabu | 2011-04-08 22:37 | 日々雑感  

今、身近に出来ることを

報道ではあまり取り上げ得られない、被災地へ医療スタッフとして被災地に行っていられた方の声です。
http://blog.goo.ne.jp/flower-wing

我々にできることは、平常心をもって生活することでしょう。
もう皆さんも承知していることとは思いますが、
○ 節電に努めること
 大規模停電を起こさないためにも、不要な電気はこまめに切るようにしましょう。
○ 節水、ごみの減量化に取り組むこと
 停電がおこれば、アクアクリーンセンター、ごみ焼却炉を停止しなければなりません。
○ 買い占め、買い溜めをしない事
 物資の円滑な流通のために不必要な買い占め、買い溜めは避けましょう。
○ 義援金、救援物資を送ること。

被災された方々のことを思えば致し方ないことかとは思いますが、
行きすぎた自粛は、日本全体の経済活動を停滞、疲弊させてしまいます。
節度をもったなかで、日常生活をおくることが大切でしょう。
[PR]

# by oyamamanabu | 2011-04-07 09:31 | 日々雑感  

このブログを開設するにあたり

3月11日におきた東日本大震災。
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに
被災された方々の一日も早い復興をお祈りするばかりです。

資源の無い日本で、増え続ける電力需要をまかなうため原発を作り続けた結果、
想定外の津波に襲われたとはいえ、今回の震災において放射能漏れを起こしてしまいました。
今までの生活スタイルを見つめなおすとともに、電力行政も大幅な見直しが必要になってくるでしょう。
[PR]

# by oyamamanabu | 2011-04-07 09:03 | 日々雑感